住宅ローン 返済額軽減

不動産を購入する際は、任意売却を知っておく必要があります

不動産の購入を検討している人の中で、売却することを考えて不動産を購入する人はほとんどなく、購入の段階で住宅ローンの返済が出来なくなることまでを踏まえて、銀行や消費者金融からお金を借りる人はいないも同然です。

しかし、現在の社会問題にもなっている不況の中では、返済が滞る可能性がゼロでないことを頭の片隅にでも入れておく必要があります。

 

毎年のニュースでは、給料やボーナスが減額されるという報道は珍しいことではありません。

 

不動産購入後、住宅ローンの返済が滞ってしまった場合、任意売却のことを何も知らず、せっかく購入した不動産が競売にかけられる可能性もあります。

競売に掛けられるなんてことにならないように

競売になってしまえば、買い取り価格が時価に比べ低くなってしまい、ほとんどの場合は債務だけが残ってしまうのが現実です。

 

そして、競売は残っている債務を一括で支払いをしなければならないことや、購入した不動産から退去しなければなりません。

 

社会が不況の時代だからこそ、不動産を購入する際は、任意売却を知っておく必要があります。

 

少しでも高い金額、時価に近い金額で売却することが出来れば、残っている債務を多く支払うことができ、任意売却後の生活も少しは楽になります。