弁護士と司法書士の違い

弁護士と司法書士の違い

借金の支払に困ると弁護士に依頼するという事が多いのですが、最近では140万円以下の借金であれば司法書士でも交渉や訴訟代理ができるようになりました。

 

しかし任意売却の相談のように住宅ローンの支払に困った場合、債務は140万円以下という事はありません。そのため、司法書士が代理人として銀行と交渉はできません。
ただし、債務者が交渉をする際に同席してアドバイスをするのであれば、銀行側も文句は言えません。

 

 

これに対し、弁護士は法的な交渉権がありますから、弁護士だけで銀行と交渉することが可能です。

 

面倒な交渉ごとは嫌だからすべて任せたいという人は弁護士に依頼する必要があります。ただし、司法書士に依頼する場合より費用はかなり高くなります。

 

もっとも、弁護士も司法書士も本業は不動産屋ではないので、住宅の売却自体は不動産屋に依頼することになります。

 

それであれば、最初から任意売却を専門にしている不動産屋に依頼すれば、ノウハウもありますから効率的に手続を勧めることができます。

 

ローンを借りた銀行に相談しても弁護士や司法書士を紹介してもらえますが、これは非常に危険です。なぜなら、銀行は自分の利益を最優先に考えるため、紹介した弁護士にも銀行の利益になるような交渉をさせるからです。