自己破産のメリット

債務に苦しんでいる人を助ける制度

自己破産をしてしまう人の原因には様々なものがありますが、最近の調査によると、年齢的には30代から50代の人の合計が、全体の70パーセントであると言われています。

 

 

また、自己破産した債務者の職業で増加しているのが、非正規労働者です。

 

パートやアルバイト、派遣の方の自己破産は、全体の20パーセントを占めています。

 

この様に働き盛りでありながら、低所得者や生活苦にある人が、債務に苦しんでいる現状があることを考えると、債務から解放される自己破産は、確かに助けになる制度であることがわかります。

 

借金の取り立てのために、日々追い詰められたり、さらには会社にまで取り立ての電話がかかってくるようなことがあります。

借金から解放

自己破産のために、裁判所に申し立てをして受理されるか、

 

弁護士に代理人になってもらうことによって解放されます。

 

自己破産したからっと言って基本的な生活できなくなるようなことはありませんし、

 

仕事を失うようなこともありません。

 

そして、新たな人生のスタートをきって、もう一度人生を立て直すことができます。

 

自己破産ができる金額と言うのも決まっているわけではないので、

 

自分の生活レベルにおいて、支払い不可能であれば、免責をしてもらうことも可能です。