免責許可決定

免責許可決定がおりれば借金なし

破産手続きが終了するか、同時廃止を受けることによって、免責許可に関する手続きへと進んでいきます。

 

同時廃止の決定が下ってから、1,2か月後に免責の審問を受けることになります。

 

 

これは、真破産法により行われない場合もあります。

 

この免責許可決定を受けることができれば、すべての借金をなしにすることができます。

 

免責不許可事由に該当しなければ、免責決定の許可を得られますが、

 

現実には、破産手続き開始の決定が下りている場合、

 

ほとんどは免責の許可も下りるのが普通です。

 

同時廃止の場合の、免責許可の決定が下るまでの期間は、

 

破産申し立てをしてから約3カ月から6か月程度かかると言われています。

 

弁護士に依頼しているかどうかでも、この期間の長さが違い、

 

弁護士を立てる方が早くスムーズにいきます。

 

免責許可を得ることによって、債務から解放されて、新たな生活を始めることができるようになります。

気をつけよう!!免責される債務は本人のみ

免責される債務は、申し立てをした本人のみとなります。

 

ですから、自分の債務の中で連帯保証人がいる場合、

 

その連帯保証人の債務の支払いまで免除されるという事ではありません。

 

言い換えると、債権者は債務者から借金の返済を受けられなくなったので、

 

その代わりに連帯保証人からその借金の返済を求めることができることになります。