任意整理とはポジティブな債務整理

任意整理とはポジティブな債務整理の方法の理由

債務整理の中に任意整理というものがあります。

 

この任意整理という手続きは裁判所とは関係なく、弁護士さんや司法書士さんが、貸金業者と話し合い利息のカットといった方法で、返済を可能とする手続きです。

 

この任意整理を行う場合、借金の完納までは原則3年間、又、安定した収入があることといった条件が存在します。つまり、ある程度の支払い能力がある場合に有効な方法です。

 

この手続きを行うとこれまでの借入金の金利などを再度調査します。

 

当然、この手続きに中で過払いといった問題が発覚した場合、その分の見直されます。

早めの決断がカギ

特に債務整理を行うといった状況にあるかたは多重債務を繰り返し、状況が自分自信で把握しきれないといったケースも存在しこういった方の場合過払い金が起こることも十分考えられます。

 

場合によっては借金が減額されるどころかお金が返却されてくることもあります。

 

債務整理の場合、こういったケースや不動産での任意売却といった場合においても、一番大切なのが早めに相談することです。

 

早めに相談すれば金利負担もその分減るといった直接的なメリット以外に時間があるということで様々な有利となることが生まれます。

 

借金は考えているだけでは減ることはありません。早めに決断しまずは無料相談から初めてみましょう。