離婚時の任意売却は難しい

住宅ローンの問題は面倒

離婚の際というのは何かと精神力も体力も使うと言われます。

 

結婚するより離婚する方が何倍も大変だなんてよく言われますよね。

 

 

大変な問題はいくつもあるわけですが、財産分与というのもその一つ。

 

中でも住宅ローンの問題は面倒です。

 

夫婦のマイホーム購入において住宅ローンを利用している方は多いはずです。

 

財産分与の際にすでにローンが完済しているなら特に問題ともなりませんが、

 

面倒なのはまだローンが残っているというケースです。

もめないためにも!!

ローンが完済していない場合は任意売却を行なってその売却益を

 

返済に充てるという方法をとることになります。しかし離婚時の任意売却は難しいと言われています。

 

というのも任意売却をする際には関係者全員の許可を得なくては売却をすることができません。

 

全員というのはもちろん夫婦両名も含まれています。

 

離婚時は財産分与の問題はもちろん親権の問題や養育費の問題など、

 

かつて結婚をした二人とは思えないほどにいがみあうということも少なくありません。

 

そんな状態でちゃんと話し合って任意売却の許可を取り、

 

きちんろ財産分与を行うというのが意外と大変なわけですね。

 

もちろん中には円満に離婚をする夫婦もいますし、第三者に入ってもらってという方法もあるでしょう。