住宅ローン 返済額軽減

任意売却の進み方を知っておくようにしましょう。

不動産を購入する人の多くが、銀行や消費者金融にお金を借り、住宅ローンを組んでいます。

 

しかし、住宅ローンの返済が3ヵ月以上滞ってしまうと、最終的には購入した不動産が競売にかけられ、せっかく購入した不動産を手放さなければならなくなってしまいます。

 

債権者が裁判所に競売の申し立てをすれば、競売の手続きが進んでいきます。

 

競売の手続きが進めば、強制的に退去命令が出されます。

 

そして、落札者の買い取り金額は時価よりも非常に安く、債務だけが残る状態になってしまいます。

 

これに対し、不動産の売却金額を時価よりも低くすることがなく売却出来る方法が任意売却なのです。

任意売却を知った上で考える

返済額軽減

任意売却と競売は、売却されることは同じですが、売却金額に大差があるので、残っている住宅ローンの債務を少しでも多く返済することが出来ます。

 

競売のような強制的に退去させられる心配もなく、任意売却の専門家に依頼をすれば、引っ越しをする時期のアドバイス、引っ越し費用の確保なども手伝ってもらうことが出来るので、1人ではどうしようもない状態をしっかり支えてもらうことも出来ます。

 

任意売却は、住宅ローンの返済が滞ってから3ヵ月?6ヵ月は期間が必要なので、任意売却の進み方を知っておくようにしましょう。